• Sherine

アイスランドへの入国制限解除と入国措置について(2020年7月14日現在)

最終更新: 7月14日



みなさん、こんちには。コロナウィルスによって、世界が大変な状況になっておりますが、皆さんは無事にお過ごしでしょうか。


アイスランドも3月から5月にかけては、コロナウィルスの感染拡大が続き、他のヨーロッパ諸国に続き国境を閉鎖、イベントも中止となり、学校や仕事もすべてリモートワークとなっていました。国境を閉鎖したのが良かったのか、徐々に感染者が減り、ついに5月の終わりには新規感染者もおらず、6月中旬にはヨーロッパ諸国の間で国境を開こうという動きが高まり、6月15日よりアイスランドにもヨーロッパ諸国からの入国が可能となりました。


それに合わせた動きとして、7月1日よりヨーロッパ外(正確にはシェンゲン加盟国外)からの観光客の受け入れを開始することになりました。


形式上は決まったこの入国制限の解除も、7月1日になっても政府からは法令施行の発表はなく、2週間が過ぎた本日、アイスランド政府より明日の7月15日より法令施行の発表がありました。発表によると14か国が対象であり、日本のほかに韓国やカナダ、オーストラリア、タイ、モロッコ、アルジェリアなどが含まれています。予想通りアメリカは除外されていました。ということで、明日の7月15日より、日本からの観光客のかたはアイスランドへ入国できるということになります!素晴らしい!


ただし、全員アイスランド到着時に空港にて特別措置を受ける必要があります

現段階ですと、必ずケフラビーク空港にてPCR検査もしくは2週間隔離のどちらかの措置を選んでいただく必要があります。(現在、陰性証明の受付はしていないようです。)PCR検査を受けるための費用は1人 11,000 iskで、事前予約をしたひとは割引価格の9000isk​となります。事前予約はこちらから。

事前予約は旅行開始の72時間前から可能で、検査費用の支払いもこちらのページから事前払いが可能です。到着時の空港での時間の節約や接触からの感染リスクを減らすことにもつながりますので、政府からも事前予約が推奨されております。検査結果は5時間以内を目安に携帯番号に連絡されます。結果が陰性の場合はSMSにて、陽性の場合は電話が入ります。混雑状況やフライトの到着時間によっては最大で24時間かかるとのことですが、検査結果が出るまでは人が多い場所は避けて、宿泊予定のホテル等に滞在するように政府から要請がされています。

新型コロナウイルスに情報につきましては、かなり変動があり、アイスランド政府も日々新しいルールをアップデートしております。上記の規制や情報が随時変更になる可能性が大いにありますので、ご自身での最新の情報収取に努められると良いかと思います。


アイスランドにはやく皆さんが遊びに来れますように、ICEKANKO一同願っております!


0回の閲覧
 

©2019 by ローカル!アイスランド. Proudly created with Wix.com